〒211-0021 川崎市中原区木月住吉町6-12-1F

【Q&A】直張りサイディングってなに?|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

Q&A

【Q&A】直張りサイディングってなに?|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

2018年3月9日 金曜日

川崎市中原区にある外壁塗装のショールームへご来店いただいたお客様から

Q.直張りサイディングってなに?とお問合せいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.塗装すると塗膜が剥がれたり浮いたりと不具合の起こりやすいサイディングです。

 

直張りサイディングとは簡単に言うとサイディングの内側に隙間がない状態のことです。

 

 

 

     

直張り工法は防水シートとサイディングの間に隙間がないため、室内との温度差などで壁内部に結露が溜まってしまいます。

その水分の逃げ道がないために塗装すると塗膜の浮きや剥がれなどの不具合が起こりやすくなってしまいます。

 

通気構法はサイディングと防水シートの間に胴縁という木を挟むため、隙間ができて水分の逃げ道がありますので、不具合の心配はほとんどありません。

2000年4月以降に建てられたお家は品確法の標準工法として取り入れられた外壁通気構法という方法のお家が多いと思います。

 

 

 

 

サイディングの表面からある程度通気できている場合もあり、10年くらいは症状がでないこともあるようです。

直張りサイディングだった場合の修繕方法は①外壁塗装 ②カバー工法 ③サイディング張替えの3つがあります。

 

①外壁塗装は不具合が起こるリスクが高いですが、工期も価格も1番抑えられる修繕方法になります。

塗装して塗膜が形成されると通気ができなくなり表面に塗装した塗膜を押し上げて膨れてしまうこともあるようですが、塗料の選定をしっかり行えばある程度は防ぐことができるようになります。

弾性塗料などの塗料の結合力の強い塗料は不具合が起こりやすいため避けたほうが良いと思います。

また、換気口をつけるなどの対策方法もあります。

らくらくライフでは塗料の選定をしっかり行うので、いままでの施工でお家が直張りサイディングのお客様から塗装後に不具合が起こったと連絡があったことはありません。

通常、膨れは1~3年程度で起こることが多いようですので、塗装後3年を経過したら少し安心しても良いかもしれません。

 

 

②カバー工法は既存の外壁の上から新しいサイディングを張って外壁を2重にする方法です。

外壁塗装よりも割高になりますが、ゴミ処分費がかからないため張替えよりも安く、工期も短くなります。

施工が難しいためきちんとした知識や技術のある職人さんの施工が必要ですが、住みながらのリフォームが可能です。

 

 

③サイディングの張り替えは既存サイディングを撤去するため、ゴミ処分代など費用が高額になってしまい、騒音なども発生してしまいますが、外壁を一度剥がすので断熱材などの内部の状態を把握することができます。

そのため内部に腐食などがあれば一緒に修繕することができます。

 

 

 

らくらくライフはご予算やライフプランなどお客様とご相談して1番良い方法を考え、ご提案させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Q&A】塗料の種類を知りたい!|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

2018年3月9日 金曜日

川崎市中原区にある外壁塗装のショールームへご来店いただいたお客様から

Q.塗料の種類について知りたい!とお問合せいただきました。

 

 

 

 

 

 

A.たくさんの種類があり、塗料によって性能が違います。

塗料には大きく分けて5つの種類があり、その5つの中でも細かく種類が分かれています。

 

まず、耐用年数を決める塗料に配合される樹脂が下記5つあります。

この5つが塗料の耐用年数を決めるため、塗料のグレードと呼ばれます。

 

 

このアクリル・ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素グレードの塗料を、水で薄める場合が水性、塗料用シンナーで薄める場合が弱溶剤、アクリルシンナーやラッカーシンナーなどで薄める場合が溶剤となります。

水性塗料は水で薄めるため、においもなく環境にも優しい塗料です。

昔は水性塗料のほうが弱溶剤・溶剤塗料よりも耐久性が劣ると言われていたことありましたが、今は塗料メーカーさんの技術が上がったことなどから、性能が変わらない水性塗料も出てきました。

 

 

上記の種類にさらに1液と2液があります。

1液は塗料缶1つと薄めるものがあれば塗装できますが、2液は塗料缶2つ(主剤の缶・硬化剤の缶)と薄めるものがないと塗装できません。

 

 

 

 

種類が多くて少し複雑ですが、塗料の種類をまとめると下記のようになります。

塗料の種類だけでもたくさんありますが、さらに遮熱性能や防汚性能などの機能が付与されている塗料もあります。

お客様のライフプランやお考えに合った塗料で塗装できると良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Q&A】塗り替えのタイミングが知りたい!|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

2018年3月8日 木曜日

川崎市中原区にある外壁塗装のショールームへご来店いただいたお客様から

Q.外壁塗装の塗り替えのタイミングを知りたい!

とお問合せいただきました。

 

 

 

 

 

 

A.お家によって劣化状態も様々なので、10年を目安に業者に見てもらうことをおすすめします。

 

 

お家の経っている環境や、新築時・前回の塗装時にどんな塗料を使ったなどによってお家の劣化状態は変わってきます。

 

例えば海の近くのお家ですと潮風の影響で劣化が早くなります。

また、ひとつのお家でも日当たりの良い南側の面は紫外線による影響を受けやすくてひび割れが起こりやすく、

北面はカビや藻が発生しやすいため塗膜の劣化が早くなります。

 

そのため「新築から○年経ったら塗装しなければならない」といったことはなく、お家の状態を正しく把握する必要があります。

 

 

らくらくライフでは無料でお家の状態を確認して適切な修繕方法を書面にまとめてご報告する『外壁診断』を行っております。

外壁塗装工事を管理している担当者の目で見て、さわって、専門の機械を使用して数値でお家の状態を確認します。

 

 

 

インターネットで検索すれば、塗り替えが必要な劣化症状を写真つきで見ることができます。

しかしお家の状態を正確に把握することはお客様だけでは不可能だと考えています。

そのためお客様が状態を把握するためや、外壁塗装を行う必要があるかどうかを判断するために、私たちの外壁診断を受けてみてはいかがでしょうか。

以前に診断の結果、外壁塗装などの修繕が必要ないお家があり、「現在は修繕の必要がありません。」とお伝えしてそのまま会社に帰ることもありました。

 

らくらくライフでは新築後10年で外壁塗装ではなく、新築後10年または前回の外壁塗装から10年で外壁診断をおすすめしています。

外壁診断がひとつの目安になると思いますので、お気軽にご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Q&A】外壁塗装はどうして必要なの?|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

2018年3月8日 木曜日

川崎市中原区にある外壁塗装のショールームへご来店いただいたお客様から

Q.外壁塗装はどうして必要なのかとお問合せいただきました。

 

 

A.①美観 ②長持ち ③機能性向上の目的で行います。

 

①美観

汚れなどの付着物を落として、補修もしてから塗装するのでとてもきれいに仕上がります。

また、色やデザインを入れられるので自分好みのお家にすることもできますよ。

 

②長持ち

長い年月、紫外線や風雨にさらされているお家を塗装してできた塗膜が守ってくれています。

塗装はお家を保護してくれているので塗装の劣化=お家の寿命につながります。

 

③機能性の向上

塗料にもいろいろな種類があり、機能性を付与できるものもあります。

例えば

・汚れがつきにくい防汚性

・省エネ効果のある遮熱塗料

・ひび割れに強い弾性塗料など

お家を更に快適にできるような塗料もあります。

 

外壁塗装はお家の見た目を良くするという目的もありますが、実はお家を守ることを1番の目的として行います。

お家は家族全員が集まる場所だからこそ、快適で安心できる空間になると良いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Q&A】外壁の色をどうやって選べば良いかわからない|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

2018年3月7日 水曜日

川崎市中原区にある外壁塗装のショールームへご来店いただいたお客様から

Q.外壁の色をどうやって選んだら良いかわからない

とお問合せいただきました。

 

 

 

 

 

 

A.見本帳やカラーシミュレーションなどを利用してお客様の色選びのお手伝いをします。

 

塗装後10年は毎日見ることになるお家なので、塗り替え後にイメージと違ったり、あまり好きではない色での塗装はしたくないと思います。

外壁材や色の特性によって色の見え方が違ってくるということもありますので、外壁塗装のショールーム『らくらくライフ』では展示品を使用して色選びのお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

明るい色は小さな面積で見たときよりも大きな面積で見る方が、より明るく見えたり、暗い色は大きな面積ではより暗く見えるという特性があります。

さらに外壁材に凹凸が多いと影ができてしまって暗い印象になってしまうこともあるので、塗り替え後のイメージが湧きにくいかと思います。

 

 

川崎市中原区にある外壁塗装のショールーム 『らくらくライフ』には20cm×30cmの少し大きめな色見本や、いままでに外壁塗装を行った施工事例、塗装前の写真を使用して塗り替え後をイメージできる画像(カラーシミュレーション)などがございます。

川崎市中原区 外壁塗装 らくらくライフ

外壁塗装の色見本や施工事例

横浜市港北区 外壁塗装 カラーシミュレーション

カラーシミュレーション

 

それによりイメージが湧きにくかった塗り替え後のお家の姿をイメージしやすくなったり、ご家族でイメージの共有ができます。

 

 

他にも様々な展示品のご用意がございますので、色選びだけでなくお客様のお家の外壁塗装の参考になるかと思います

ぜひご来店くださいね。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時こそ、外壁塗装見積り相談.らくらくライフへご相談ください!

初めての方は、まずは相談予約から!