【Q&A】塗料の種類を知りたい!|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

【Q&A】塗料の種類を知りたい!|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

更新日: 2018年3月9日

川崎市中原区にある外壁塗装のショールームへご来店いただいたお客様から

Q.塗料の種類について知りたい!とお問合せいただきました。

 

 

 

 

 

 

A.たくさんの種類があり、塗料によって性能が違います。

塗料には大きく分けて5つの種類があり、その5つの中でも細かく種類が分かれています。

 

まず、耐用年数を決める塗料に配合される樹脂が下記5つあります。

この5つが塗料の耐用年数を決めるため、塗料のグレードと呼ばれます。

 

 

このアクリル・ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素グレードの塗料を、水で薄める場合が水性、塗料用シンナーで薄める場合が弱溶剤、アクリルシンナーやラッカーシンナーなどで薄める場合が溶剤となります。

水性塗料は水で薄めるため、においもなく環境にも優しい塗料です。

昔は水性塗料のほうが弱溶剤・溶剤塗料よりも耐久性が劣ると言われていたことありましたが、今は塗料メーカーさんの技術が上がったことなどから、性能が変わらない水性塗料も出てきました。

 

 

上記の種類にさらに1液と2液があります。

1液は塗料缶1つと薄めるものがあれば塗装できますが、2液は塗料缶2つ(主剤の缶・硬化剤の缶)と薄めるものがないと塗装できません。

 

 

 

 

種類が多くて少し複雑ですが、塗料の種類をまとめると下記のようになります。

塗料の種類だけでもたくさんありますが、さらに遮熱性能や防汚性能などの機能が付与されている塗料もあります。

お客様のライフプランやお考えに合った塗料で塗装できると良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時こそ、外壁塗装見積り相談.らくらくライフへご相談ください!

初めての方は、まずは相談予約から!