〒211-0021 川崎市中原区木月住吉町6-12-1F

05.お家の外壁はどの素材?|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

05.お家の外壁はどの素材?|外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

更新日: 2020年7月31日

外壁資材は、いろんな種類があります。

お家の外壁に使用されている素材、代表的なものをピックアップしてみました。

性質とあわせて、注意点も一緒にご確認ください!

NO 部位 性質 写真
1 金属サイディングボード

スチールやアルミニウムなどの金属鋼板のこと。デザイン性・耐久性に優れた表面材(金属板)と断熱性・防火性に優れた裏打ち材によって形成。軽くて耐久性に優れる。

塗膜を傷めると「赤サビ」が発生することも。サビを発見したら放置することなく、すぐに対応を!

外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ
2 窯業系サイディングボード

セメント質と繊維質を主な原料として板状に形成した素材。タイル目、レンガ調などデザインが豊富。基材は吸水性がある。防水機能については、塗膜頼りにつき、塗膜の劣化を放置しておくと建物構造に大きなダメージを与える可能性も

定期的に外壁塗装を行い、防水性を高める必要があります!

外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ
3 モルタル

セメントと石灰・砂を混ぜて水で練った素材。施工が容易でコストが安い。強度が強く耐火性に優れるが、防水性能が低くなると急激に劣化が進み、ヒビ割れが発生することも。

外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ
4 ALC

コンクリートを軽量気泡化した外壁材。断熱性、耐火性、耐久性に優れており、マンションなどに多く見られる。塗装が劣化したままだと防水性が乏しいため、内部からボロボロに。手遅れになると、下地補修からの復旧も必要となるので早めの再塗装が重要。

外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ
5 コンクリート壁

水とセメント、砂、砂利を混ぜたコンクリートは、最も強度がある外壁材だが…経年変化で防水効果が劣化すると、コンクリート内部から水がしみ込み、専門的な改修が必要となるケースもあります。

外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

➡「なにか気になる症状がでてきた、困ったな」と思ったら、まずはお気軽にご相談ください。

外壁塗装の見積り相談.らくらくライフ

お家もいろんな部位で成り立っていますよ。

>>お家の各部位 ご参照くださいね。

そんな時こそ、外壁塗装見積り相談.らくらくライフへご相談ください!

初めての方は、まずは相談予約から!